ファシリテーターになるとよく聞かれること。

私がボディプロセスのファシリテーターを取得してから


ギフレシに参加する度に
聞かれるようになったことがある。


それは
「ファンデーションは、どんな感じですか?」
「3dayボディクラスは、どんな感じですか?」


この質問には何の意味がある?

私には、問いかけでも質問でもないので


答えてはいない。


感想だけ。


このクラスを受けてどう変わるのかは、当人次第。


「面白いよ」
としか私は言わない。


または、
「寝てるだけ」
と言うかもしれない。


あなたは半分以上、90%以上誰かに
説明され尽くした映画をみたい?


終わりの5分か10分だけのエンディングをみたい?


誰かの感情を否応なしに引き連れた
説明され尽くしたストーリーで
何が訪れるだろう。


考えたことがある?


きっと、
期待、投影、批判(ジャッジメント)、決めつけ…


それは、アウェアネスを遮断し
コンシャスネスから離脱して
別のものを形成しているのだ。


「私にそんな変化は訪れなかったわ!」

と、決めつけてしまうかもしれない。


なので、説明なんて愚かなことはしない。


ただ、楽しみにしてエナジーを感じてればいいのだ。


受けた人のワクワクとしたエナジーを感じてみて。


それは説明が難しいから。
人それぞれだから。
照らし合わせるのは無謀かもね。


涙腺が崩壊して、鼻水が出たって
良いじゃない。
必要だから起こっている。すべて。



もし、何をしても、
変わらないと思っているのなら
受けなくていいと思う。


無理して受ける必要もないから。


誰かのようになるとか
誰かと同じように変わるとかはないから。


すべての期待や投影を手放すことだ。

創造の翼を広げるシータヒーリング・アクセスコンシャスネス youko's Ownd

アクセスコンシャスネスやシータヒーリングのダイナミックかつ繊細なエナジーを使うことで 他の何者でもない自分という存在になり、 居心地のいい空間を自分という存在の中に創り上げる

0コメント

  • 1000 / 1000